わたべが目指す『人』への3つの柱「教育・地域・長寿」

生年月日
昭和40年1月13日生 やぎ座
年齢
46歳
血液型
A型
好きな言葉
継続は力なり
政治活動におけるモットー
着眼大局 着手小局
海老名市政に志をもったきっかけ
育ててもらった海老名に感謝をこめて、次世代の子ども達にも愛されるえびなであるよう、今、できる限りの力を注ぎたいと思ったから。
家 族
妻、長女、長男
趣 味
ドライブ、スポーツ観戦
特 技
剣道六段
(海老名高校・神奈川大学体育会剣道部主将、岡三証券剣道部部長を歴任。海老名高校剣道部OB会会長現任)
→詳しいプロフィールはこちら
教育

教育は未来への
先行投資

武道を通じて学んだ心・技・体の大切さ、文武両道・質実剛健を教育理念に自ら信念を持ってたくましいえびなっ子を育てます。
●学力の向上 補習授業の実施
●5才までが大事 乳幼児教育の充実
●個々を大切に 障がい児教育の充実・フリースクールの創設
●みんなで経験 野外教育施設(富士ふれあいの森) の存続
●これも教育 給食の小中完全実施と中学の自校式給食へ
●授業以上の学習力 部活動の支援強化
●いつも誰かが見てくれる 学童保育への公的支援の充実
●みなぎる活力 大学誘致への挑戦
地域

地域力こそ えびなの力

自治会は行政の下請けではありません。20 代から町内会長、自治会長、議員と経験を積んできたわたべは地域の役割、大切さ、実情を理解しています。
●コミュニティの強化・地域の課題解決に 地域担当職員を配置
●自治会の負担軽減 自治会運営ソフトの開発
●地域の特色を活かせ 地域分権会議の創設
●地域力の礎です 市内企業優先の徹底
●えびなにずっと住んで欲しい 固定資産税の見直し
●えびなの特色 消費者参加型農業の拡大
●心のふるさと 歴史・文化活動への支援充実
長寿

お年寄りの知識と経験が
豊かな海老名を育みます

戦前、戦後、高度成長と日本の礎を築いてくれた先輩方に感謝を込めて。そして東日本大震災は再び、先輩方の知恵と経験を必要としています。
●まずは健康第一 医療費助成と通院手段の確保
●家族いっしょが一番 三世代生活の促進(同居・近居)
●お出かけ便利 シニアカー(電動カ−ト)の動線整備
●青春カムバック 文化・スポーツ・趣味・サークルへの
専門コーディネーターの設置
●もっとゆとりを 老老介護支援強化

その他の政策

  • 市長給与の恒久削減
  • 自然エネルギー活用の積極推進
  • 屋内プール計画の見直し
  • 全国初、ボランティア減税
  • 市長退職金ゼロ
  • 障がい者就労支援窓口の創設
  • 市長公用車の廃止
  • 進学融資制度の創設
  • 副市長1名に
  • FMラジオによる積極的情報提供
  • 議員定数削減
  • ママに優しい保育の充実 など